CPAP治療 

持続的気道陽圧(CPAP)は、呼吸サイクルを通じて呼吸補助を提供することで乳幼児の呼吸を育み、支援します。

肺の保護と呼吸補助

持続的気道陽圧(CPAP)は、呼吸サイクルを通じて呼吸補助を提供することで乳幼児の呼吸を育み、支援します。

CPAPは肺胞内のガス交換を促進し以下の役割を果たします。 

  • 気道の開通性を向上させる
  • 肺容量の回復を促進する
  • 気管内挿管に関連する合併症をともなわずに乳幼児のエネルギー保存を維持する.

最適加湿によるCPAPの利点

乳幼児  医師 
気道の乾燥と炎症を最小化させる CPAP療法への臨床医の信頼性が増す
うっ血と気管支収縮が減少する  鼻の洗浄と維持作業を軽減する 
分泌物の排出を改善する 挿管の必要性が低下する
呼吸仕事量を改善する  入院期間が短縮される 
換気を改善する  

主要な臨床の参照を表示するには、ここをクリックしてください。

米国呼吸療法学会(AARC)のガイドラインでは、小児鼻CPAPでの加温加湿を推奨しています。


CPAPでの最適加湿(37°C、44mg/L)は乳幼児の呼吸を補助し、肺の発育を保護するために不可欠です。

最適加湿は以下を通じて肺を保護し、乳幼児の治療をサポートします。

  • 気道の乾燥の減少
  • 分泌物クリアランスの改善
  • 気道狭窄の軽減