侵襲換気

挿管された乳幼児に最適加湿を提供することは、特に成長と発育に不可欠です。

最適湿度が気道防御と換気を最適化

挿管された乳幼児に最適加湿を提供することは、特に成長と発育に不可欠です。

最適加湿によって気道の自然な生理学的状態を再現することで、気管内挿管や気管切開チューブによる粘膜繊毛クリアランスの機能低下を回復させるのに役立ちます。
 

乳幼児の以下の働きが適正化されます。

  • 成長と発育
  • 気道防御
  • 気道の開通性
  • 肺機能
  • 呼吸仕事量
     

最適湿度による侵襲換気の利点

乳幼児  医師 
気道保護が増し、呼吸器感染症の危険が減少する 患者ケアの適正レベルを提供する
気管内チューブの開通性が増す 人工肺サーファクタントの供給中にPEEPを使用可能
気道クリアランスが向上する 吸引がより効果的になる
気道の乾燥を防止する 効果的な患者ケアにより施設コストが減少する 
肺コンプライアンスを改善する  
気管支抵抗が減少する  
呼吸仕事量が低下する  
肺機能不全が減少する  
体温調節に寄与する  

 

最適加湿によって侵襲的換気がサポートされている場合、挿管管理上ののリスクが軽減され、成長と発育が維持されます。

侵襲換気中の最適加湿を使用する場合、ガス状態は体温と同じ37°Cとなり、絶対湿度は44mg/Lになります。 これは粘膜繊毛機能が維持されるレベルです。 気道粘膜が最適加湿以下の湿度にさらされると、機能障害が発生します。