侵襲換気

侵襲的換気の進歩

挿管された患者さんに最適湿度を提供することは不可欠です。 

気管内チューブまたは気管切開チューブが気道をバイパスする事により粘膜線毛クリアランスが低下します。 これらのインターベンションは体の自然な加温加湿行程を阻害し、機能的クリアランス(咳、嘔吐、くしゃみ、喀痰等)を妨げます。

最適湿度による侵襲換気の利点

患者 医師
気道防御
 最高レベルの患者ケアを提供する 
防御機能が増し、呼吸器感染症の危険が減少する  吸引がより効果的になる 
換気
 ネブライザーによる薬液供給が減少する 
分泌物の蓄積を減少させ、気管内チューブの閉塞を防ぐ
効果的な患者ケアにより施設コストが減少する
上気道閉塞の発生が減少する
治療期間の短期化に貢献する
換気効率の向上
 
呼吸努力が軽減される
 
早期の離脱が行える  

 

最適湿度が気道防御と換気を最適化

ガスの状態を深部体温と同じ37°Cにし、飽和水蒸気量である44mg/Lに調整することは粘膜繊毛クリアランスを最適にします。 その結果、患者さんの気道は保護され、気道の自然な生理的機能を作り出します。


最適湿度により、粘膜線毛システムの機能低下を防止し、 気道クリアランスを維持します。
気道粘膜が最適湿度以下にさらされると、機能障害が発生します。
(詳しくは、F&P担当者にお尋ねください。)